2011年10月10日

命の質を上げる

_N7K2358.jpg

自分たちで種を撒き、牛たちの糞尿を肥料として、実った稲わらを牛たちの給餌する
環境保全型畜産を実践している、木下さん、藤井さん、後藤さんの3牧場のみなさん


3年前に約90kgだった体重が、食べるものを見直し
体を動かすことによって60kg台になった。

太りにくい体質に改善されたのか、確かに少々の無茶をしても
太らなくなった。

しかし、この1年で太りやすい体質に戻ってしまった。
体重は80kg台に突入し、階段の上り下りでは息切れする始末。

とはいっても、何かのきっかけがない限り節制できるほど
我慢強くもないし、ましてや忍耐力もない。

きっかけがなければ、つくればいいと言うことで
夏の終わりから、もう一度、食べるものを見直してみた。

するとどうだろう、1ヵ月もしないうちに5kgも落ちてしまった。

なにも特別なことはしていないのだが「適応食」について考えてみた。

私たちの身体にもっとも適した食べ方は、
62%は穀物、25%は野菜や海草、5%が肉や魚というのが望ましいと言われている。

卵、肉、乳製品は、身体によくないと言う人がいるが
そうではなくて、要は、食べ方であって、質の良いものを適度に食べることが大事なのだ。

当店のお客様で、85歳のお医者さんがいる。
買い物に来られる奥様曰く、ご主人は夕食に牛肉料理が一品ないと不機嫌になるとのことで
いつも、決まって近江牛サイコロステーキを購入される。

毎日、2〜3切れづつ食べているそうだ。

牛肉を腹いっぱい食べるのもいいが、
私としては、このように少量を毎日食べていただくことをおすすめしたい。

そのためにも、質の良い牛肉を選んでいただきたいし
当然ながら、輸入牛よりも日本の黒毛和牛を食べていただきたい。

もちろん、当店の近江牛が食卓にあれば言うことないのだが
こればかりは、お客様が決めることだし、ご贔屓のブランド牛があって然りである。

水も水道水から直接ではなく、浄水器を通したほうが良いだろうし
ミネラルウォーターがベストだと思う。

米もそうだし、もっというなら空気だってそうかも知れない。

こうやって、日々身体に入る物のレベルを上げることが
「命の質を上げる」ということではないだろうか。

タグ:黒毛和牛
posted by niiho at 15:56| 雑記