2012年02月28日

内モモの熟成肉を食べる

__.JPG


昨日は、仲良くしている雑誌記者(♂)の方と大阪でデートだった。

スーパーの肉売り場などを見学しながら
あっち行ったりこっち行ったりとかなり歩いた。

ちょっと喫茶店でコーヒーでもしましょうか?

と言うのが普通だと思うのだが、肉好き2人が揃うと
ちょっと歩き過ぎたので、肉でも行きませんかという具合になる。

せっかくなので但馬屋さんで熟成肉を食べることにした。

最近はカメラを持ちあることが面倒なので
もっぱらiphoneで撮っている。
そこそこきれいに撮れるからこのうえなく便利だ。

さて、オーダーしたのはモモ肉の熟成だ。

香りはほとんど感じることができなかったのだが
ドライエイジング特有の柔らかさを感じることができた。

部位は内モモなので、ステーキにすると硬くてパサつき感があるのだが
60日間ドライエイジングしたとのことで、すごく柔らかくなっていた。

牛肉の赤身の主成分はタンパク質だが、このタンパク質を分解する働きのある
物質も持っている。

時間の経過とともに、酵素の働きで、筋肉の繊維、繊維を束ねるコラーゲンが
分解され、旨みのもとであるアミノ酸に変化したり、食感が柔らかくなったりする。

これが熟成だ。

内モモといえば、すき焼きやしゃぶしゃぶにするのが適した料理法だが
熟成させることでこんなに柔らかくておいしくなるのだから、熟成肉は
新しい牛肉のキーワードになる可能性が大きい。



posted by niiho at 19:29| 熟成肉