2012年07月03日

【新商品】近江牛めしができました

P1020510.JPG


一般的に牛肉の加工品は、経産牛やすき焼き、焼肉用に使った端材を利用することが多い。

牛一頭をキレイに使いきるには、非常に合理的なのだがどうしても思ったような味に
仕上がらなったため、すき焼き用の肉をそのまま「近江牛めし」に使用することに。

ゴボウの歯ごたえやニンジンの彩りも楽しめ、満足のいく出来栄えになった。
3合炊き1回分(お茶碗で約6杯分)で、近江牛の風味をいかしたほんのり甘みのある
薄味に仕上げているので、お子様にも喜んでいただけます。

近江牛といえば滋賀の名産であり、約400年の歴史がある日本最古のブランド和牛です。

しかし、県内在住者でどれぐらいの方が、近江牛を口にしているのだろうか?

意外と県外の方のほうが多いような気もしないではない。

学校給食は昔から入札制度で、品質よりも価格優先だ。
だから、近江牛を使うことはほとんどない。

輸入牛肉かホルスタイン、よくて交雑種の肉だ。

本来なら、子供たちにこそ近江牛を食べてほしい。

当然、予算もあるだろう。

私は、入札制度が好きではないので、当店の近江牛が学校給食に
提供されることはない。

そんな思いもあって、家庭で気軽に近江牛を食べていただけるように開発したのが
近江牛めしなのだ。


近江牛めし(→クリック


posted by niiho at 13:06| 商品