2012年04月13日

京の名店、松鮨の寿司は古く中にも意外性の連発だった。

__.JPG


京都で寿司屋といえば、松鮨の名前が必ずあがる。

もちろん寿司好きの間での話だが、一度は行ってみたいと思っていた。
というのも、食通で知られる池波正太郎氏の文中にその名があったからだ。

1人で食べる寿司はどうにも味気ないので紅茶屋の友人を誘ってみた。
友人曰く、「松鮨」なんて名前の寿司屋は知らないと言う。

さっそく、iphonでカシャカシャと調べてみる友人

うちの店と住所が近いなぁ、なんていいながら地図をみてみると
友人の紅茶屋の隣だった。

行ってみてわかったのだが、非常にわかりにくい場所で
ほとんどが常連客だという。

暖簾をくぐると、黄色い白衣(黄色なので白衣とは言わないか)を着たおじいちゃん(失礼)が
カウンター内で小気味良いテンポで寿司を握っていた。

基本的には江戸前鮨だが、実に凝ったことをしていて、柔らかめの酢飯が口の中で
崩れる感覚は、まさしく職人技だ。

最初は気難しいご主人かと思ったのだが、話しているとそうでもなく
私の問いかけにも、どこで笑ったらいいのかわからないシャレを交えて応えてくれた。

最近は、年がら年中どんな食材でも手に入る。
鯖にしろ鮑にしろ、一番おいしい時期、つまり旬というものがある。
旬のものをその日に仕入れてお出しする。

お客さんのリクエストでも、いまは旬やないのでありまへんとお応えすると
錦市場で売ってましたでとお客さんが言う。

それなら、錦で買いなはれ、、、てな具合で商売やらしてもろてます。

営業時間をお聞きすると、昼から日が暮れるまでだそうで、
暗らくなってからゴソゴソやるのはゴキブリと泥棒だけだと(笑)

6席だったか7席だったか、とにかく狭い店内だが、味はもちろんのこと
安心して食べられる。

なんでもかんでも消費者の要望に応えることが親切だと勘違いしている方も
たくさんいる、いや、むしろそっちのほうが多いのかも知れないが、線引きすることが
売る側も消費する側も、結果として持続する関係性ができるのではないだろうか。

その先にあるのは、安心、安全であることは言うまでもない。

posted by niiho at 18:10| グルメ

2012年04月10日

おにくや食堂Suehiro

P1020482.JPG

県内には近江牛を扱う店がたくさんあるのだが、
同様に様々な団体があり、加盟店は会合などで横の繋がりもあるようだ。

しかし、私はどこにも所属していないので同業者との繋がりがほとんどない。
唯一、食肉組合には加盟しているのだが会合にもあまり参加していないし・・・。

理由はいろいろあるのだが、強いて言うなら共感できるところが少ない、
というところだろうか。

BBCびわ湖放送で「勇さんのびわ湖カンパニー」という番組がある。
毎週金曜日の深夜0時20分からの放送だが、これがけっこう高視聴率で人気番組なのだ。

ケーブルテレビj:comでは、土曜日の20時から関西一円で見ることができる。

その番組内で、第2金曜日の「Mooーっと近江牛」というコーナーを
2年間担当させてもらっている。

4月に番組改編があり、今回から県内の近江牛料理店をレポートして、
近江牛に賭ける想いを語ってもらう企画がスタートした。

お店選びは私が独断で行うわけだが、どうせなら私の想いや考え方に“共感”してもらえる
熱い方をインタビューしたい、そして応援したいということで、第1回目は長浜のおにくや食堂
スエヒロの野村さんにご登場いただいた。


P1020484.JPG


事前に、自慢の一品をお伺いしたところ、近江牛ハンバーグをぜひということで
当日は、ハンバーグを用意してもらうことにした。


P1020494.JPG


作り手は、奥さんの弥生さんで近江牛80%につなぎとして豚肉を20%使っているとのこと。
けっこうなボリュームで180gぐらいはあるだろうか。

牛肉の使用部位はすね肉に厳選しているらしく、そのあたりも研究を重ねた結果なのだろう。

まずは、そのままいただいたのだが、肉の味がしっかりついていて
テレビだということを忘れて、ついつい完食してしまいそうな勢いだった。

ところで、「スエヒロ」は創業約80年の老舗精肉店だが、
近江牛=美味しいということではなく、スエヒロで食べていただく近江牛だからこそおいしい
そう言ってもらえるようなお店を目指しているとおっしゃっていました。

その先には、「おいしい食卓」があり、スターバックスの理念でもある
サードプレイス (家庭と職場の間にある第3のくつろぎの場)にも通ずるものがある。


いまや長浜といえば、観光地としてたくさんの人で賑わっているのだが
ぜひ、お近くまで来られた際には、ステーキ感覚で食べられる「おにくや食堂 Suehiro」の
ハンバーグ、お試しください。




posted by niiho at 13:32| グルメ

2012年03月08日

草食なかひがし

__.JPG


最近はほんとにカメラを持ち歩かなくなってしまった。
画質は落ちるがiphoneで事足りることが多く、しかも手軽だ。

ただ、ここ一番の肉写真はやはりカメラに限る。

ということで今日もiphoneが大活躍だった。

知り合いのご招待で銀閣寺近くの「草食なかひがし」へお邪魔した。

食材は、まさしく地産地消で、木枯れた山椒の葉を使ったり、
野のままに生えた草を使ったりと滋味深いものばかりだった。

夜しかださないという鶏は、ご主人自らがしめているそうで
ウンチクも理にかなったもので、私の考え方に似ている。

もっと書きたいがタイムアウト

いまから博多です。

posted by niiho at 19:42| グルメ