2012年02月23日

焼き肉家 益一

P1020353.JPG


京都の「益一」さんにお邪魔した。

恥ずかしながら私はきたやま南山の楠本さんから聞くまで
ますいちさんの存在を知らなかった。

国本社長ともガッチリ握手をして、肉に対する心意気を
感じることができた。

さて、なにがすばらしいかと言うと、スタッフのみなさんだ。
明るく元気で目配り、気配りがよくできている。

やらされている感じではなく、自然にできているのは
益一さんの風土なのだろう。

メニューも楽しくて、例えば写真の商品だ。
内モモを焼肉カットよりやや薄めにカットしてあり
ネギは自分でハサミで切って一緒に焼くわけだ。

焼きあがりを溶き卵につけて食べるのだが
これがうまい。

いわゆる「焼きすき」だ。

他にも、テールの茶碗蒸しや熟成タンなど
焼肉の原点でもある「楽しさ」をとことん追求している。

お近くの方もそうでない方もぜひ。


posted by niiho at 19:23| グルメ

2012年02月11日

沖縄のジャッキーステーキ

__.JPG

経済産業省中小企業庁委託事業、情報モラル啓発セミナーに登壇するため
3日間を沖縄で過ごした。


肉屋が情報モラル啓発セミナー?


タイトルだけみればそう思われるかも知れませんが、
「食の安全確保は消費者の権利である」という考えから、

ITを適切に活用する「情報モラル」は
消費者の安心、安全に配慮し信頼を得ること、かつ、生産者を護ることにつながる。

という流れでお話しさせていただいた。

会場となった沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハには
200名を越す参加者があり、講演後のパネル討論にはたくさんの質問も寄せられ
大いに盛り上がった。

ところで、到着した日の那覇は20度超えで半袖でもいいぐらいに暑かった。
コートにマフラーといった真冬のいでたちだったため、額からは汗が流れおち
ついついビールに手がでそうになるのを必死にこらえながら、アグー豚を堪能した。

その夜からは、沖縄料理のオンパレードだったが、帰り間際に友人から肉情報を得て
旭橋にあるジャッキーというステーキハウスに行ってみた。

11時の開店と同時に席につくと、あれよあれよという間に満席になった。

無難なところで、テンダーロインのMサイズを注文してみた。

私が知っているテンダーロインとは大きくかけ離れた
ランプステーキのような形をした肉が運ばれてきた。

味は予想通りだったが、店の雰囲気やここが沖縄であるということも含めて
大いに楽しみながら肉を食う、これも醍醐味の1つだ。

どちらにしても、その地で食べるご当地の肉は格別な味がする。



posted by niiho at 19:42| グルメ

2011年11月26日

瓢亭の京懐石は1つ1つに物語があった

P1020026.JPG


インターネットがつないでくれたご縁は数知れないが
牛肉がつないでくれたご縁は、同等、いやそれ以上かも知れない。

瓢亭の15代目高橋義弘さんも牛肉がつないでくれた一人だ。
37歳という若さだが、凛とした佇まいはさすがだ。

瓢亭といえば、京懐石の老舗で私なんかがおいそれと行けるもんではない。
数ヶ月前に、義弘さんがいつでも来てくださいという言葉を真に受けて
城めぐりの仲間2人とお邪魔したというわけだ。

義弘さんは、肉に興味があるが懐石では使わないし
かといって料理は時代とともに変化するもの。
瓢亭のスタイルは変わることはないが、私なりの料理のあり方を考えていきたい。

以前お会いしたときに、そんなことをおっしゃっていた。

この日も、少し肉の話をしたが、
熟成肉に取り組んでおられるんですねと義弘さん。

なんで知ってるんやろと思ったが
そういえば、やまけんさんが柴田書店の「専門料理」に連載しているので
うちの熟成肉のことを書いてもいいかと電話があったことを思い出した。

たしか、先月号だったのでとりよせてみよう。

さて、この日は本店のはなれをご用意していただいた。
茶室なので部屋は小さく、天井も少し低い。
特別な部屋だということで、我々世間知らずにはなんか申し訳ない。

次々に運ばれてくる料理に、おぉー!と感動したり、
あまりの旨さに無言になったりと作法の知らない客だと思われただろう。


P1020006.JPG


しばらくすると、女将があいさつにきてくれた。
威圧感というかオーラがすごすぎて我々3人はしばし固まってしまった。

すぐに帰るのかと思いきや、ごはんをよそぎはじめた。
いやいやいや、そんなん喉がつまるやないないの、と思いつつも
名物の瓢亭たまごを堪能した。

瓢亭の創業は400年前だそうで、元々は南禅寺の裏街道を行きかう人々のための
茶店だったそうだ。

茶菓子以外にも何か出して欲しいとお客さんに言われるようになり
庭先で飼っていた鶏の卵をゆがいて出したのが、瓢亭たまごのはじまりだそうだ。

天保8年8月15日から料理屋の看板を上げるようになり
八寸には必ず瓢亭たまごをつけるようになったとか。

女将さんの話はおもしろく、哲学の道らへんをよくねね(秀吉の正室)が
散歩してて・・・なんて昨日見たかのような口ぶりで話してくれる。

代々言い継がれてきているので、昔の話のような気がしないとのことだった。

歴史好きな我々3人は、女将さんの話に夢中でテンションが上がりすぎて
少々飲みすぎてしまった。

帰りには、現当主の高橋英一さんにも顔を出していただき
恐縮至極である。

瓢亭へはそうそう行けるもんじゃないが、
400年続く歴史の味や空気を感じられただけでも価値のある食事だった。

posted by niiho at 13:28| グルメ