2012年10月07日

「健全な牛肉」について考えてみる

osan.jpg

産まれたばかりの子牛だ。
牛舎に備え付けの監視カメラの映像をパチリとやったもの。

ブランド牛と呼ばれる近江牛や松阪牛など、大半は8ヵ月程度の子牛を買い付けて
自分ちの牧場で育てるので、このような光景は珍しいのだ。

ホルスタイン(乳牛)は、お乳を搾るのが目的なので
産まれたばかりの子牛は1週間程で親と離されあとは人工乳で育ちます。

黒毛和牛の雌は、子牛を産むのが目的なのでしばらく子育てしてから
離乳後は人工乳で育てます。たまに育児放棄する牛もいますが・・・。

当店の牛を育ててもらっている木下牧場は、繫殖肥育一貫なので
子牛を産ませて育てるまでが仕事です。
その後は、私が引き継いでおいしく肉にするのだが、こういったエンゲージメントが
当店の安全と安心を支えている。

私は、2006年頃から「健全な牛肉」について真剣に考えるようになった。
何が原因でそんなことを考えるようになったのかは忘れてしまったが
木下牧場というすばらしい生産パートナーがいて、支えてくれる仲間(お客様)がいるから
成り立つ事業であり、同業者からみれば異端すぎて、おまえらアホちゃう?の世界だと思う。

問屋さんなんか特にそう思うだろう。
牛は経済動物なのでいかに儲かるか、いかに商業ベースに乗るかで目利きし値決めするのだが
そこに私のようにエサだのこだわりだのを浸らせると問屋としてはお仕事にならないわけだ。

だから私は、問屋機能を持たない「肉屋」に徹している。
でも、ここが大事、「ただの肉屋」ではない。

詳しくは、今週末発売の阪本啓一氏の最新マーケティングブック!
『「たった1人」を確実に振り向かせると、100万人に届く
「市場の空席」を見つけるフォーカス・マーケティング』をご覧ください。
(→クリック)

「健全な牛肉」は、エサの話抜きでは語れないのだが
日本の畜産の大半が輸入飼料に頼っているのが現状でこれはどうしようもない。

簡潔な理由は、国産飼料で国産牛すべての胃袋をカバーできない。
仮にできたとしても、いまの販売価格のおそらく10倍ぐらいの値付けをしないと
採算が合わなくなるだろう。

当店で扱っている近江牛も、いまのところ100%国産飼料で育てた牛肉ではない。
来年の10月から正式に販売する、オール国産飼料で育てたプレミアム近江牛までちょうど1年。
木下牧場と藤井牧場で現在取り組んでもらっているのだが、おそらく市場では支持されない牛肉に
仕上がるだろう。

しかし、それはあくまでも商業ベースでの目線であり消費者目線ではない。
私が目指している牛肉とは、赤身主体で味が濃く、けっしてしつこくない脂身
牧草中心だが臭みがなく、食べても食べても体重が増加しない牛肉なのだ。

私は、1億2800万人を相手に商売しようなんて思っていない。
近江牛.comを訪問し、私たちの「考え方」に共感してくれる方だけで十分だ。

いま頷いているあなたのような方が振り向いてくれる、そんな牛肉を販売したい。

それができるのは、私たちだけだと少しだけ胸を張って言えます。



posted by niiho at 12:37| 雑記

2012年10月01日

ファンづくりは本音をサイトに反映させているかどうかなのだ...と思う

0809-19.jpg


今日はセリでいつものように木下牧場の枝肉を落札。
しかし、近江牛の高騰ぶりはいったいどうなっているのか。

購買者のため息が印象的なセリだった。

さて、昨年の10月17日にリニューアルしてから1年が経過しようとしている。

おかげさまで、たくさんのお客様に支持されて、毎月良い結果を残している。

お客さまからの「声」も以前よりたくさん頂戴するようになり
なによりも励みになる。

あるお客様から、かなり分析した感想をいただいたので
紹介したい(内容は私の言葉に置き換えています)

近江牛ドットコムで買う理由は、商品の押しつけがないとこだ。
他サイトは、A5だの雌牛だのとこれって店の主張ばかりで一方通行ではないか。

その点、近江牛ドットコムは都合の悪いことも書いている。

特に霜降り肉のくだりは、そこまでマイナスなことを書いていいのか?
と思いながらも霜降り肉を買ってしまった私がいる。

とまぁ、このようなことを感想として送ってくれる方が結構な人数いるわけだ。

昨日、台風だというのにWINEBARで熟成肉の会を開催した。
WINEと熟成肉とのマリアージュを楽しもうというわけで
大阪や神戸からその道のプロたちが集まった。

WINEBARのオーナーによるセレクトは秀逸だった。
私の好きなワインを選んだだけだと控えめに言っていたが
そのセレクトに共感した人が客となり店を盛り上がるのだと思う。

私の考えも同じで、自分の商品でも欠点をさらけだし、
それでも買ってくれる人が近江牛ドットコムのファンだと思うのだ。


【お知らせ】
近江牛熟成肉の仕上がりが遅れており、このままでいくと11月後半から
しばらく売切れの可能性があります。できましたらお早目のご予約をお願いします。



posted by niiho at 18:42| 雑記

2012年09月23日

「考え方」を売る(2)

R1020279.JPG


今日の滋賀は朝から雨・・・


半袖では少し肌寒く感じるようになってきました。
気候の変化は商品の変動にも影響があり、今日はすき焼き用の肉やもつ鍋セットが
よく売れている。

先日のこと、東京へ出張で行った時に撮影の仕事をしているという会社の社長さんと
知り合いになった。芸能プロダクションの仕事も多いようで、会話の中で当店の商品を
芸能人に食べてもらってブログに書いてもらい集客につなげてはどうか、
というような案内を受けた。

いわゆる、ステマ(ステルスマーケティング)だ。

バイラルマーケティングを悪用したステマは、ブログであれば「やらせブログ」と呼ばれたり
消費者の誤解を招く恐れがあるので度々問題になっている。

興味のない話だったので、私は会話もほどほどにしてその場を立ち去ったのだが
有名人のステマより、一般人の愛あるクチコミのほうが人から人へと感染する。

少なくとも私はそう思う。

サイトをリニューアルして来月で1年になる。
まだまだ出来ていないことばかりで、各ページの作り込みも中途半端なままだ。

それでも、リニューアル前と比較して、たくさんのお客様に来店いただくようにはなった。
サイトが見やすくなったということもあるが、私が発信するメッセージに共感して購入に至った
という感想もたくさんいただくようになった。

ブログやフェースブックからのクチコミ購入も増えてきた。

ご紹介いただいているみなさま、ありがとうございます。

これからも当店は、牛肉を売るのではなく「考え方」を売っていきたい。

そんなことを真剣に会議で語っています。



posted by niiho at 14:41| 雑記